ハンドナットランナシリーズ ハンドナットランナ

高精度、高品質の締付を実現するハンドナットランナ専用コントロールユニット。締付に必要なパラメータやモニタ機能を搭載しています。また、トルク・角度・時間・トルクレート判定等から異常締付を検出するため、締付ミスが出ない仕組みづくりが可能です。

機能

エラー検知

締付不良を検出するメカニズム

トルクトランスデューサ(トルク検出器)とACサーボモータ(電動駆動)を組み合わせることで、トルクや角度データを取り込むことができ、さまざまな制御が可能となります。
回転速度・角度・締付トルクを任意に設定し締付動作や判定を行います。
締付動作中のトルクと角度の変化をモニタリングしながらリアルタイムで判定します。ななめ締め・ねじ不良・かじり等の異常検出が可能です。

ななめ締め

ななめ締めはボルトもしくはナットをセットするときに、ななめになったまま締付動作を始めると起こりやすい現象です。

仮締付時において、スタートしてから任意のトルクに達するまでの時間および角度が極端に短くなります。時間・角度を管理することで、ななめ締めを検出します。

【Note】締付動作前に2山ほど逆転することで、ななめ締め発生率を下げられます。

ねじ破損/異物混入

ねじ破損/異物混入はねじ山の表面が粗いときや締付トルクが大きすぎたときにねじ山が破損する、または、切粉が付着した状態で締付を行ったとき、かじりが発生する現象です。

仮締付時において、設定されたトルクと角度のゾーンを管理することで、ねじ破損/異物混入を検出します。

二度締め

二度締めは手作業で締付本数管理をしながら作業する工程で、締め付けた箇所をもう一度締め付けてしまい、1ヶ所が締め付けられていないまま次工程に流してしまう現象です。

仮締付時において、設定された時間・角度を管理して二度締めを検出します。

ねじ浮き

ねじ浮きはボルトの品種間違いでなどで正規の締め代(着座)より前にトルクが達してしまう現象です。

仮締付時において、スタートしてから任意のトルクに達するまでの角度を管理することでねじ浮きを検出します。

部品忘れ

部品忘れとは本来取り付けなければならない部品(Oリング等)を取り付けずに締付を行ってしまうことです。

仮締付時において、スタートしてから任意のトルクに達するまでの時間および角度が少し遅れます。時間・角度管理を行うことで部品忘れ(Oリング等)を検出します。

ねじ忘れ

ねじ忘れとは自動供給等で、ボルト圧送不良・受取不良によりボルトがないまま締付を行ってしまうことです。

仮締付時において、スタートしてから任意のトルクに達するまでの時間を管理することでねじ忘れを検出します。

下穴不良

下穴不良は下穴の深さが足りないときやタップ加工不良時に起こる現象です。

本締付時において、設定されたトルクもしくは角度に達するまでの時間と角度を管理することで下穴不良を検出します。

1つのコントローラで全てのツールに対応

1つのコントロールユニットで、150種類近くあるツールラインナップのすべてに対応できます。複数のツールを現場で使用される際、コントロールユニットの選定が必要ありません。予備品も1種類で良いのでコストダウンにつながります。

メモリ機能でトレーサビリティに貢献

締付結果履歴(約100,000件)・トルクカーブ履歴(60件)やシステム異常履歴(50件)など、締付に関する様々なデータが保存され、トレーサビリティに貢献します。
(※件数はHandy 2000 Touch使用時)

ネットワーク

繋がるネットワーク

Handy 2000シリーズはオープンプロトコルなどを通して、上位システムとも簡単に通信・統合できるプラットフォームを搭載しています。Handy 2000シリーズを中心に組立ラインを構成することで、生産効率と品質の向上を実現できます。

マネジメントソフト

Handy 2000シリーズすべてのモデルに対応した専用支援ソフトをご用意しています。各種パラメータの読み書き、データ保存管理、締付結果モニタ、I/O割付など、多彩な機能でHandy 2000シリーズの運用を支援します。

※オプション品

データロガー

各種コントロールユニットから締付データをEthernet経由で自動収集する専用ソフトウェアです。収集データは逐次データベースに記録され、同時に画面表示されます。また、トルク波形も収集可能です。取得した締付結果データを定刻にExcelファイル形式で一括出力する機能を搭載。レポート管理も容易に行えます。

※オプション品

対応コントロールユニット

Handy 2000 Touch

Handy 2000シリーズのハイグレードモデルです。Lite plusの性能はそのままに、直感的操作が可能なタッチパネルを搭載。設定値もコントローラ上で簡単に入力、変更できます。

仕様

項 目 内 容
表示画面 視認性の高い7型カラー液晶タッチパネル
底面集中配線 省スペース、省配線に対応
締付方法 トルク法、トルク法角度モニタ、角度法、トルクor角度法、トルク&角度法、逆転角度制御
イールド角度法、イールド法、検査トルク法
締付モード ダイレクトモード(直動締付)、パルスモード(反力低減締付)の選択方式 ※一部ツールユニットを除く
締付チャンネル設定数 最大 99件
締付結果履歴 約 50,000件
トルクカーブ履歴 最大 60件(締付OK:30件、締付NG:30件)
Ethernet (LAN) 2口のEthernetポートを装備、HUBユニットが不要なデイジーチェーン(数珠繋ぎ)接続が可能
Ethernet接続で遠隔からマネジメントソフトと接続、専用プロトコルで複数のホストコンピュータから締付の監視・制御および結果データの収集を行うことができます
Fieldbus Profibus-DP、DeviceNet、CC-Link、EtherNet/IP、Profinetにオプション対応
I/Oによる締付制御や結果出力を行い、トルク値などのワードデータはI/Oに割り付けて送信できます
リモートI/O オプションで、OMRON製 形B7Aリンクターミナルと接続することができます(16点タイプ、入出力各1ターミナル)
I/Oの増設およびコントローラから離れた位置への省配線化に使用でき、PI/O同様に自由割付が可能です
バッチカウンタ機能 nxOK、nxNG出力
USBメモリ 締付履歴ファイルの読み込み
プロジェクトデータの読み込み・書き込み
外形寸法 W 160 x H 316 x D 282 mm
重量 8.5kg

Handy 2000 Lite plus

Handy 2000シリーズのエントリーモデルです。表示パネルに視認性の高い大型7セグLEDを採用し、OKおよびNGを緑色と赤色で分かりやすく表示します。

仕様

項 目 内 容
スリム化 Handy 2000シリーズ゙から30%小型化
大型LED 優れた視認性(大型7セグ、2色表示)
底面集中配線 省スペース化、省配線が可能
締付方法 トルク法、トルク法角度モニタ、角度法、トルクor角度法、トルク&角度法、逆転角度法、イールド角度法、イールド法、検査トルク法
締付モード ダイレクトモード(直動締付)、パルスモード(反力低減締付)の選択方式 ※一部ツールユニットを除く
締付チャンネル設定数 最大 99件
締付結果履歴 約 8,000件
トルクカーブ履歴 最大 30件(締付OK:20件、締付NG:10件)
Ethernet Ethernet接続で遠隔から高速にマネジメントソフトと接続。専用プロトコルで複数のホストコンピュータから締付の監視・制御および結果の収集を行うことができます。(標準搭載機能)
Fieldbus PROFIBUS、DeviceNet、CC-Link、EtherNet/IP、PROFINET、EtherCAT、CC-Link IE、PROFINET High Speedに対応(オプション)。
I/Oによる締付制御や結果出力を行い、トルク値などのワードデータはI/Oに割り付けて送信できます。
リモートI/O オプションのリモートI/Oインターフェースを実装することで、OMRON製 形B7Aリンクターミナルと接続することができます(16点タイプ、入出力各1ターミナル)。I/Oの増設およびコントローラから離れた位置への省配線化に使用でき、PI/O同様に自由割付が可能です。
バッチカウンタ機能 nxOK、nxNG出力
外部タッチパネル 表示画面はユーザーサイドで設計可能。適切なマンマシンインターフェースを構築できます。
USBフラッシュドライブ 締付履歴ファイルのエクスポート
プロジェクトデータのエクスポート・インポート
外形寸法 W160 x H316 x D262 mm
重量 7.7kg

※取扱説明書をご希望の際は、お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡をお願い申し上げます。

マークのデータをダウンロード
いただくには会員登録が必要です。

10