角度管理ができるハンド
ナットランナで二度締めを検出

製品名
Handy 2000 Lite plus
業界
自動車部品

この事例のポイント

  • 角度管理で
    二度締めを検出
  • OK本数を管理し
    締め忘れ防止
  • 電動ドライバーから
    ハンドナットランナへ

導入前

状 況
  • 電動ドライバーを使用し、手作業で本数管理をしながら締付作業。
  • 二度締めや斜め締め等の締付不良、締め忘れが発生している。
  • 締付品質改善のために、ハンドナットランナへの乗り換えを検討。
  • 現在のツールに近い作業性で使用したいのでストレートツールを希望。
課 題
  • 二度締め等の締付不良の検出。(※二度締めとは、複数の締付箇所がある工程で、締め付けた箇所をもう一度締め付けてしまい、1ヶ所が締め付けられていないまま次工程に流してしまう現象です。締付トルク管理だけでは検出できず、角度または時間の管理が必要です。)
  • 締付本数を管理してポカヨケ。
  • 締付品質の改善。

導入後

締付角度・時間を管理できるハンドナットランナで解決!

  • エスティックのハンドナットランナで角度管理を行いました。
  • 仮締付時に設定された角度や時間を管理すれば、二度締めを検出できます。
  • すでに締め付けている箇所を締め付けてしまったとき、締め付けがスタートした直後に着座トルクに達します。締付時の角度や時間を管理しておけば、「着座トルクに達する角度(or時間)が早かった」ことがわかり、二度締めと判定されます。
  • 「ポカヨケカウント機能」を使い、OK本数の管理も行いました。

お客様の声

現場の方
  • 電動ドライバーの作業性に近いストレートツールで、サイズもコンパクトだったのでありがたかったです。
ご担当者
  • 二度締めや締め忘れの対策ができました。
  • ナットランナに乗り換えたことで締付精度も高くなり、締付品質向上につながりました。

営業担当より

締め忘れや二度締めのリスクを減らすために

複数箇所の締付を手作業で行うと、締め忘れや二度締めのリスクがあります。
エスティックのハンドナットランナには「ポカヨケカウント機能」がついており、OK本数をカウントすることで締め忘れを防止します。しかし、OK本数だけを数えていると、二度締めをOK本数に数えてしまうおそれがあります。そのためこの事例では、OK本数のカウントと同時に角度管理を同時に行っています。
締め忘れや二度締めの改善を希望される方はぜひお問い合わせください。事前に希望のトルクや軸数等をお聞きすることで、デモ機の持参も可能です。

PRODUCT

この事例の製品

ハンドナットランナ

有線タイプのハンドナットランナ。1N・mから600 N・mまで多数のツールをラインナップ。幅広いトルク帯に共通のコントローラで対応できます。

製品情報を見る

RELATED CASES

関連事例